パ・リーグ ロッテ3―5日本ハム
(6月24日 QVC)
 ロッテは序盤の5失点が響いた。伊東監督の不満はバッテリーに向けられた。

 藤岡は制球が定まらず3回限りで降板。交流戦で救援を任せて復調を待ったが、先発のチャンスに応えられず「見事に期待を裏切ってくれた。半分も力を出していない。先発になるとおどおどしてしまう」と落胆した。


 リードした江村も左腕の良さを引き出せず、2回限りで交代させた。指揮官は「あんな配球をしていたら無理っしょ。遊びじゃないんだから」と怒りをにじませた。

 ▼ロッテ・斉藤投手コーチ(藤岡に)「中継ぎに戻す可能性もある。次も先発かは分からない」

 ▼江村(2回限りで途中交代)「(藤岡を)しっかりリードをしきれなかった。僕のせいで負けた」
閉じる
続きを表示する