来年3月に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を控える侍ジャパンは12日、東京ドームで行われた強化試合第3戦でオランダに9―8でサヨナラ勝ち。8―8で迎えた延長10回、大野が右前にサヨナラ打を放ちシーソーゲームを制した。


 日本は初回、先頭の秋山が左前打で出塁し、すかさず二盗。続く菊池がセーフティーバントで一、三塁と好機を広げ、1死から中田の三ゴロの間に1点先制した。

 だが、先発の石川が2回、死球と安打で無死一、三塁のピンチを招き、リカルドの内野安打で同点に追いつかれた。さらに2死二、三塁からウルバヌスに中前打を浴び、2点勝ち越しを許した。

 5回から登板した藤浪も2ランを浴び、スコアは1―5となったが、その裏に侍ジャパンの打線が火を噴いた。先頭の大谷が右中間の最上段へ侍ジャパン1号となるソロ本塁打を放つと、2死満塁から坂本が走者一掃の左翼線二塁打を放ち同点に。さらに中田の適時内野安打、筒香の中越適時二塁打で2点勝ち越した。

 6、7回は藤浪が立ち直り無失点。8回は山崎が三者凡退に抑えたが、9回から登板した大瀬良が誤算。2安打で1死一、二塁とされ、デカスターに2点適時右中間二塁打を許し同点に。さらにサムスの左翼線適時二塁打で逆転を喫した。

 追い込まれた日本はその裏、先頭の中村が四球を選び、2死から山田が敵失で出塁。2死一、二塁から鈴木の二ゴロで万事休すかと思いきや一塁への悪送球で同点に追いついた。

 10回からは無死一、二塁の場面で始まるタイブレーク制。岡田が1死二、三塁まで走者を進められたものの、三振、一飛で抑えた。その裏、先頭の大谷が三ゴロを放ち、続く松田は敬遠。1死満塁から大野が右前にサヨナラ打を放った。
閉じる
続きを表示する