3試合連続で4番に座った中田(日本ハム)が5回に勝ち越し打を放った。坂本(巨人)の3点二塁打で追い付いてなおも2死二塁で「自分で終わりたくない」と強い気持ちで打席へ入ると速球をはじき返した。「詰まったけど、飛んでくれたところが良かった」と笑みを浮かべた。


 左手首に違和感を訴えて途中交代した前日11日に続いて、この適時打の直後に代走を送られた。一回1死一、三塁でも三ゴロながら2試合連続で先取点をマークするなど持ち前の勝負強さを示した。
閉じる
続きを表示する