阪神のOB会長で野球解説者の川藤幸三氏(67)が26日、TBS系の情報番組「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。今季初実戦で打線が沈黙した侍ジャパンに苦言を呈した野球評論家の張本勲氏(76)に「おっさん、ガタガタ言っちゃアカン」と“喝”を入れる場面があった。


 「御意見番スポーツ」のコーナーでは、25日に行われた侍ジャパンの今季初実戦の結果を取り上げた。投打で精彩を欠き黒星となったことに、張本氏が力を込めて「喝」。結果ではなく「小久保監督には勝つ采配をしてほしい」とし、その理由に、中軸が打席に入った場面で一塁走者を走らせたことや、試合中盤に中軸を交代させたことなどを挙げた。

 熱く語る張本氏だったが、ここで川藤氏が「ハリさん、まだ始まったばかりじゃないの。何カッカカッカして言うてんの」と指摘。「ワシなんかは…」で始めると「一戦目で、調子のいい時でも悪い時でもいろんなことがある。まだこれぐらいで、おっさんガタガタ言っちゃあかん」と球界の先輩に物申した。

 本番まで時間がないことに触れた司会の関口宏(73)にも「どってことあらへん」とそのコメントを一蹴。「選手は一流のヤツら。時間があろうがなかろうが、作っていくのがあいつらの務め。なんもいう事ない」と、川藤節が止まることはなかった。
閉じる
続きを表示する