ヤクルトは先発の石川が7回6安打1失点と好投。今季2勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めた。

 丁寧にコースを突き、5回に鈴木のソロを浴びた以外はほぼ完璧な投球。前回の登板(4月7日)は6回3失点で黒星を喫した広島を封じ込めた。


 打線は2回、先頭の雄平が左二塁打で出塁し、続く西田が中前に先制の適時打。4回には2四球で走者をため、大引の中前適時打で1点追加し、5回には荒木の中越えソロが飛び出した。広島の先発・加藤には前回登板で9回1死まで無安打投球を許したが、今回は効果的に得点を奪った。
閉じる
続きを表示する