西武・菊池が9回144球を投げて1安打完封。初回先頭の西川に右前打を許して以降、1本の安打も許さなかった。

 自身4年ぶりとなる完封勝利の味を聞かれ、「めっちゃ気持ちいいです」と満足そうに語った菊池。「早い段階で点を取ってもらえたので楽に投げられた」と大量援護の打線に感謝した。


 序盤から快調ペースも終盤は粘られ、8回終了時の球数は131球。「コーチから“9回どうする?”と言われたけど、“行くか?”と言われたら行くしかないでしょう」と迷うことなくマウンドに上がり、最後も三者凡退で斬った。

 チームは来週、今季初の6連戦を控える。菊池は「チームもいい状態なので、このままの調子でいきたい」と頼もしく語った。
閉じる
続きを表示する