ともに今季初連勝中のDeNAと中日の一戦は延長12回戦っても両者譲らず、引き分けとなった。

 DeNA・ウィーランド、中日・又吉の両先発が好投し、7回まで1―1の投手戦。8回1死三塁からDeNAの筒香がしぶとく右前へ運び1点勝ち越したが、9回には中日の平田が同点ソロを放ち試合は再び振り出しへ戻った。


 11回裏にはDeNAが2死二塁とサヨナラの好機を作ったもののあと1本が出ず。延長に入ってから両チームの救援も踏ん張り得点を許さなかった。
閉じる
続きを表示する