ヤクルト原樹 気迫の投球で1年ぶり白星「自分のピッチングできた」

2017年05月19日 21:19

野球

ヤクルト原樹 気迫の投球で1年ぶり白星「自分のピッチングできた」
今季初勝利の原樹がつば九郎とVサイン                     Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   ヤクルト4―2阪神 ( 2017年5月19日    神宮 )】 ヤクルト・原樹が6回1失点で今季初白星。昨年5月8日の阪神戦(甲子園)以来となる、約1年ぶりの白星を挙げた。

「1年ぶりにこの場に立ててうれしい」と久々の白星に笑顔の原樹。「いつも先に失点していたので、早い回から点をもらって気持ちが楽になった」と打線の援護に感謝した。

 プロ1年目は2勝8敗と苦しんだ昨年のドラフト1位右腕。今季は開幕ローテーション入りを逃したが、先月27日の中日戦(ナゴヤD)以来となる2度目の先発マウンドで結果を出した。「打たれることを恐れずに飛ばしていった。自分のピッチングができた」と気迫の投球に手応えを感じていた。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年05月19日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム