4回、2死からデスパイネが右越えの二塁打。続く中村晃も右前打を放った。デスパイネは三塁を回ったが、村松三塁コーチはストップのジェスチャー。勢いあまって三塁を越えていたデスパイネはあわてて塁に戻ったものの、左腕でコーチの腰に触ってしまい、アウトが宣告された。


 野球規則の「三塁または一塁のベースコーチが走者に触れるか、または支えるかして、走者の三塁または一塁への帰塁あるいはそれらの離塁を、肉体的に援助したと審判員が認めた場合」に該当し、審判員は援助を受けた走者にインターフェア(守備妨害)を宣告し、走者アウト、ボールデットとする、というのが適用された。

 工藤監督は抗議に出たが、判定は覆らず、スリーアウトでチェンジとなった。

 試合はソフトバンクが2―1で勝ち3連勝。痛恨のミスとはならなかった。
閉じる
続きを表示する