西武の先発・菊池が8回2失点の力投も打線の援護に恵まれず今季2敗目。ソフトバンク戦は10連敗と入団以来8年間で白星がない鬼門で雪辱はならず、「(ソフト)バンク相手だと1点勝負になる。(ソフトバンクは)投手も野手も一流がそろう。もっともっと粘り強く投げないと」と悔しさをににじませた。


 チームの連勝も6で止まり、辻監督は「(菊池は)なんか違うんだよなあ。(ソフトバンク戦は)何か意識するのかな。雰囲気とかリズムがいつもと違う。慎重になりすぎているのかな」と振り返った。
閉じる
続きを表示する