オリックスのファンから何度もため息が漏れた。相手を上回る12安打を放ちながら、わずかに2点。6連敗の後に3連敗と再浮上のきっかけをつかめずにいる。

 山田が2回3失点で降板したのは誤算だが、それ以上に深刻なのが打線の停滞。3回2死満塁では4番T―岡田が止めたバットに当てて投ゴロに倒れ「僕が満塁の時に打っていれば、こんな展開にならなかった」と自らを責めた。4、5回は併殺打で好機をつぶすなどして浦野を助けた。窮状の福良監督は「何とか自分たちの力で破っていかないと」との言葉に力を込めた。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する