鬼門突破はならなかった。西武・菊池が8回2失点の力投も今季2敗目。ソフトバンク戦は通算15試合目の登板で未勝利の10敗となった。

 「(ソフト)バンク相手だと1点勝負になる。投手も野手も一流がそろう。もっともっと粘り強く投げないと」と悔しがった。


 上林に決勝打を浴びた場面は、初球を外角に外した後の2球目、再び外角を狙った球が真ん中に入った。115球の熱投で痛恨の1球。「2球目は勝負だったけど、(初球の後に)もう1球外にいくんだと腹決めできないまま投げてしまった」と反省を口にした。連勝が6で止まった辻監督は「(菊池は)意識するのかな。雰囲気とかがいつもと違う」と渋い表情だった。
閉じる
続きを表示する