サミー・ソーサ氏(48)といえば、メジャー歴代6位となる609本塁打をマークしたかつての強打者。2007年のシーズンを最後に現役を退いたが、その後、肌の若返り治療を受けているという。

 その影響でソーサ氏の肌は徐々に明るくなり、もはや現役時代の面影はない。決して意図的に肌を漂白しているのではなく、あくまで治療の影響によるものとのこと。


 今週初め、ソーサ氏はテレビ出演したが、その外見にファンも驚がく。ネット上では「治療前、治療後」といった具合に現役時代と現在の写真を比べる内容の投稿が多く見られた。
閉じる
続きを表示する