ソフトバンクの東浜は丁寧に低めを突き、7回2/3を5安打1失点で昨季の自己最多に並ぶ、リーグトップタイの9勝目を挙げた。最後は守護神のサファテが締め28セーム目を挙げた。

 0―1の四回にデスパイネの22号ソロで追い付き、5回1死満塁で内川が勝ち越しの中前打を放った。チームは連敗を3でストップし、首位・楽天に1ゲーム差とした。


 西武は打線が十亀を援護できず、連勝が3で止まった。
閉じる
続きを表示する