「新生巨人」にとって最高の船出だ。前半戦終了後に斎藤2軍監督が1軍投手コーチとなり、ベンチ担当の尾花コーチがブルペン担当に配置転換。後半戦初戦で3投手が1失点リレーと奮起し、巻き返しに向けたテコ入れに結果で応えた。


 斎藤コーチは「最高です!」と満足そうに笑顔を見せた。8勝目を手にした先発・マイコラスは7回6安打1失点。8回以降は西村、カミネロがともに無失点に抑えた。15年以来、2年ぶりに1軍投手コーチに復帰した同コーチは、6回にマイコラスが3連打で1点を失ったところでマウンドへ。「緊張したよ」と振り返ったが、ピンチを最少失点で切り抜けたマイコラスは「リラックスできた。間をつくってもらえた」と感謝した。

 新体制で巻き返しを誓った初戦。村田ヘッドコーチは「どうしても勝ちたかった試合。勝てたことは大きい」と話した。(重光 晋太郎)
閉じる
続きを表示する