阪神・糸原 猛打賞 明大先輩・野村から会心の同点打

2017年07月18日 05:30

野球

阪神・糸原 猛打賞 明大先輩・野村から会心の同点打
<神・広>4回、勝ち越しのホームを踏んだ糸原はナインに迎えられる Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   阪神2―1広島 ( 2017年7月17日    甲子園 )】 明大の先輩・野村を打ち砕いた。4安打3打点の活躍を見せた9日の巨人戦以来3試合ぶりに先発出場した阪神・糸原が3安打1打点で大暴れした。

「追い込まれていたのでコンパクトに振ろうと思っていた。それでうまくライト線に打つことができました」

 2回1死一塁で放った左前打で波に乗った。見せ場は1点を追う4回2死一塁だ。1―2と追い込まれながら内角高め141キロ直球に力負けしなかった。右翼線へ適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。続く梅野の左前適時打で決勝の生還。8回の最終打席でも中前打を放ち、3度目の猛打賞も飾った。

 金本監督も「本当にいい仕事をしてくれた」と絶賛。大和、西岡らライバルは多くても「自分に与えられたところで勝負していきたい」と力を込めた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年07月18日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム