ロッテの伊東勤監督は「後味の悪い結果になった」とぶ然とした表情で西武戦を振り返った。

 問題の場面は4―3の9回無死一、二塁で西武が攻撃のシーン。岡田の犠打を捕球した一塁手の大嶺翔が迷わず三塁へ送球。微妙なタイミングだったが、ところが一度は「アウト」とコールした三塁塁審が、自らの判定を覆し、「セーフ」と訂正。これに伊東監督がベンチから飛び出して猛抗議したが、3度覆されることはなかった。結局、三塁手の中村に失策がついて、無死満塁から金子侑の中犠飛で同点とされると、さらに1死満塁中犠飛で勝ち越され、試合に敗れた。


 伊東監督は「おかしいでしょ。コールした後に変えちゃダメ。結果的にミスでしょう。あのへん、もっと勉強して欲しい」と怒りが収まらない様子だった。
閉じる
続きを表示する