巨人“伏兵”寺内が決勝打「何が何でも打ってやろうと…」

2017年08月10日 21:33

野球

巨人“伏兵”寺内が決勝打「何が何でも打ってやろうと…」
<巨・神>8回を終え、長野(後方)の祝福を受ける寺内 Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   巨人5―2阪神 ( 2017年8月17日    東京D )】 “伏兵”が試合を決めた。2―2で迎えた8回2死満塁。左翼線へ決勝の2点適時二塁打を放った巨人・寺内は二塁ベース上でベンチに向かってガッツポーズを繰り返した。

「ホント、うれしかったです。何が何でも打ってやろうと強い気持ちで打席に入りました」と寺内。直前に村田に対して不利なカウントになった阪神バッテリーは村田を歩かせ、寺内との勝負を選択。それがベテランの闘志に火をつけた。

 7回無死一、二塁の場面で長野の代打として登場し、きっちり送りバントを決めた。そこは得点に結びつかなかったものの、そのまま二塁の守備に就き、次の回に巡ってきた2打席目。次打者の亀井から「思い切り踏み込んでいけ!と力強い応援を頂いた」という寺内は1ボールからの2球目、マテオの152キロの速球をはじき返した。

 7回、この日本塁打を放っていた長野に代えて寺内を送り出す“攻めの采配”を揮った高橋監督は「ベテランの経験、勝負強さが最後にいいところで出てくれました」と、勝利に貢献した34歳の奮闘を称えた。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年08月10日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム