広島の薮田が12日の巨人戦に先発登板。自身初の完封勝利で菅野との投げ合いを制して11勝目(2敗)を挙げた。広島の連敗は3でストップ。

 薮田は150キロを超える直球を中心に巨人打線を手玉に取った。9回を投げて与四死球は4ながら、被安打は3本のみで無失点の内容だった。


 打線は巨人・先発の菅野に苦しめられたが、6番・西川が2回に値千金の3号ソロ。自身5月4日の中日戦以来となる一発で両チーム唯一の得点を叩きだした。

 一方の巨人は菅野が7回1失点と好投を見せたが援護なく5敗目。今季7度目の3連勝とはならなかった。通算2000本安打まであと2本と迫っていた阿部は1安打で大記録へ王手をかけた。
閉じる
続きを表示する