仙台育英は準優勝した15年のエースだった佐藤世那(オリックス)の弟・令央(れお)が6回に代打で甲子園初出場。2死一、三塁から遊ゴロに倒れ「お客さんが多くて緊張してしまった」と苦笑いした。

 伝令役も務める背番号11は「優勝して兄に報告したい」。また、元西武投手の杉山賢人氏の長男・拓海は先発出場し、6回に2点三塁打を放った。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する