3回戦の神宮球場第3試合、中島サンダーズ(熊本)が2―0で葛野ジュニアスポーツ団(京都)を下し、ベスト8進出を決めた。

 3安打完封の古川は「コースにきちんと決めることができたし、自分らしいピッチングができた」と、満足げの表情。米村勉監督は「杉野君が2塁打でチャンスを作って4番の仕事をしてくれた。2点では物足りないけど、勝てて良かった」と自慢の“雷打線”爆発とはならなかったが、勝利を素直に喜んだ。


 過去の最高成績は3年前のベスト8。「次が勝負ですね」と、監督、古川ともに準決勝進出へ気を引き締めた。
閉じる
続きを表示する