DeNAの筒香が13日の阪神戦で2打席連続本塁打を放ち、4打点の大活躍でチームの連敗を止めた。

 4回に左腕の岩崎から左翼席へ18号2ラン、6回には右腕のメンデスからバックスクリーンへ19号2ラン。今季初の2打席連発に主砲は「普通です」とはにかんだ。


 「全員が本当に勝ちたいという思いだった」。2位を争う阪神との大事な直接対決3連戦で11打数5安打3本塁打と結果を残し「イメージ通りになってきた」と手応えを感じている。

 ラミレス監督は試合を振り返り「(筒香の本塁打が)非常に大きかった」と称賛。「どうシーズンを終えるかが重要。30本100打点はできると信じている」と揺るぎない信頼を口にした。
閉じる
続きを表示する