西武・辻監督が菊池の投球を二段モーションの反則投球と宣告した審判団の判定について日本野球機構(NPB)に意見書を提出する意向を示唆した。

 「初回に注意してくれればいいのに。審判も(春季)キャンプに来ている。注意していたら雄星も直す。(楽天の)高梨はどうなの?はっきりしてもらわないと」と指摘した上で「(鈴木葉留彦球団)本部長と話してからになるが、見解を出してもらいたい」と語気を強めた。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する