日本ハムの大谷が12日の楽天戦に先発登板し、5回2/3を1安打無失点と好投し、今季3度目の先発で1勝目をマークした。

 9月に入っての今季初白星に「こんなに遅れてしまい、申し訳ないという思い。早くいい投球をしたいと思っていた」と札幌ドームに集まったファンに頭を下げた大谷は「きょうはいい投球ができてよかった」と安どした表情を見せた。


 6回途中78球、被安打1、最速163キロの投球内容を「良い時と比べたらまだまだですけど、0点に抑えられたり、良い点もあった」と振り返った。

 この日は球数制限もあり5回2死走者なしで降板。「もっと長いイニングを投げられればよかった。ファンの皆さんに最後まで投げ切る姿を見せたい」と次回登板を見据えた。
閉じる
続きを表示する