広島がDeNAに敗れ連勝が9で止まった。

 先発の野村が2回、味方の失策などで無死満塁にすると嶺井に押し出しの死球を与え先制を許し、2死後倉本に適時二塁打で3失点。打線はDeNA投手陣に丸の22号ソロのみによる1点に抑えられた。


 DeNAは先発ウィーランドが6回8奪三振の好投で8勝目(2敗)をあげ、連敗を4で止めた。
閉じる
続きを表示する