広島の中村祐太投手(22)が13日、DeNAとの22回戦(マツダ)に先発登板。打線の強力援護を受けながら、3回6安打3失点で降板した。

 中村は初回、2死走者なしから3番・筒香に右前打、4番・ロペスに左前打されて2死一、二塁としてから5番・宮崎に3連打目となる中越え二塁打を許して2失点。その裏、打線が田中の先頭打者本塁打など7安打を集中して6得点を挙げ試合をひっくり返したが、中村祐は3回にも2死走者なしから筒香、ロペス、宮崎と相手クリーンアップにまたも3連打されて1失点。その裏、2死走者なしで打順が回ると、代打・エルドレッドを送られて降板となった。


 中村祐の投球内容は3回で打者16人に対して73球を投げ、6安打3失点。4三振を奪い、与えた四球は1つだった。4回から広島のマウンドには2番手・九里が上がっている。
閉じる
続きを表示する