JR東日本が2年ぶりの日本選手権出場を決めた。

 今秋ドラフト1位候補の左腕・田嶋大樹投手(21)が3安打1失点8奪三振完投の力投で、日本選手権に導いた。最速149キロに多彩な変化球を交え「きょうはうまくいった。ピンチであればあるほどスイッチが入る。走者が出てもなんとも思わなかった」と頼もしかった。


 バックネット裏では多数のスカウトが視察。日本ハムの大渕隆スカウト部長は「今年の候補の中では図抜けている。参りましたという感じですね」と脱帽していた。
閉じる
続きを表示する