メッツの青木宣親外野手(35)は13日(日本時間14日)のカブス戦に「2番・左翼」で先発出場。3回の第2打席で中前打を放ち、5打数1安打だった。

 青木はこの日のカブスの先発・レスターとは過去10打数5安打。左対左ではあるものの相性が良く、第1打席はいい当たりの左直。続く3回の打席では内角へ投じられたカットボールを巧みなバットコントロールで中前へと運んだ。


 ただ、5回の第3打席は3球で空振り三振に倒れ、レスターに軍配。7回の第4打席は2番手・ダンシングが外角へ投じたストレートを打ち上げてしまい遊飛、8回の第5打席は4番手・グリムのカーブを捉えきれず、二ゴロに打ち取られた。

 チームは5―17と大敗を喫して3連敗。なお、この試合でカブスの上原の登板はなかった。
閉じる
続きを表示する