ドジャースのダルビッシュ投手(31)が13日(日本時間14日)のジャイアンツ戦に先発。7回を投げて3安打無失点、さらに無四球と安定感のある投球で約1カ月ぶりの白星となる9勝目(12敗)を手にした。

 ダルビッシュは8月10日のダイヤモンドバックス戦を最後に白星から遠ざかり、同27日のブルワーズ戦から自身3連敗中。3試合とも序盤に失点を喫していたが、この日は3回まで2安打無失点と順調な立ち上がり。中盤に入ると波に乗り、3回から6回まで4イニング連続でジャイアンツ打線を三者凡退に切って取った。


 7回は先頭打者に安打を許したが、後続を断ち、今季4度目の7回無失点。8回の打席で代打が起用され、ダルビッシュは球数87球で2番手・モローにマウンドを譲った。

 味方打線は5回にベリンジャーの37号2ランが飛び出すなど、6安打4得点。前日に連敗を10で止めたドジャースは4―1の勝利で、8月25日以来となる2連勝を飾った。
閉じる
続きを表示する