阪神の石崎剛投手(27)が稲葉新監督の侍ジャパンのメンバー入りを果たした。

 今季は右のスリークォーター気味の位置から繰り出す150キロ台半ばのストレートを武器に、26試合で防御率1・17。プロ3年目で急成長を見せ、層の厚い中継ぎ陣の中で1軍に定着した。初の侍入りに「すごく光栄に思っています。選ばれた以上は期待に応えたい」と意気込みを口にした。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する