日本ハムが12日、大谷翔平が東京都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事終了したことを発表した。

 今後は院内にてリハビリを行って2〜3週間で退院、退院後は鎌ヶ谷の球団施設でリハビリ・練習を行う予定。投打含めて制限なくプレーできるまで約3ヶ月を要する見込み。


 大谷は手術前の11日に球団を通じて「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」とコメントしていた。
閉じる
続きを表示する