野球殿堂博物館(東京都文京区後楽)は、10月13日からオリックス・マレーロ選手が放ったプロ野球通算10万号のホームランボールを館内のエントランスホールに展示すると発表した。

 マレーロは9月29日のロッテ戦で通算10万号をマーク。自身は今季、本塁のベース踏み忘れで本塁打を1本取り消されており、そのおかげで10万号になったことから壮大な「伏線回収」として話題になった。


 ホームランボールとともに使用したバット、ユニホームも寄贈され、同時に展示される。
閉じる
続きを表示する