野茂氏 米移籍手続きの簡略化訴える

2017年11月14日 05:30

野球

 95年にドジャース入りし日本選手の米挑戦の道を開いた野茂英雄氏が日米における移籍手続きの簡略化を訴えた。

 12日にシンガポールの野球教室に参加して、地元紙ストレーツ・タイムズの取材に応じ「僕の時代はFAでもメジャーに行くのが難しかった。いまは行きやすくなったけど、手続きがもっと簡単になってほしい」と話した。

 野茂氏はFA移籍ではなくポスティングシステムができる前に任意引退となって渡米した経緯がある。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月14日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム