星槎道都大 北海道勢初Vに王手!8回コールド勝ちで初の決勝進出

2017年11月14日 16:01

野球

 【明治神宮野球大会大学の部 準決勝   星槎道都大10―2環太平洋大 ( 2017年11月14日    神宮 )】 北海道二連盟代表の星槎道都大(札幌学生)が投打に中国・四国三連盟代表の環太平洋大(中国地区)を圧倒。8回コールド勝ちで初の決勝進出を果たした。

1点を先行された星槎道都大は2回、石黒凌(4年)川崎進也(1年)の長短打で同点。3回にも石黒の適時二塁打などで勝ち越し、6回は相手投手の乱れと大西主将(かずまさ、3年)の走者一掃の三塁打などで一挙5点を挙げ勝負を決めた。投げては初戦完封の左腕・福田俊(3年)が5回を1失点。北海道勢初優勝に王手をかけた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月14日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム