“駒大対決”となった星槎道都VS環太平洋大 両監督の恩師・太田元監督も応援に

2017年11月14日 16:56

野球

“駒大対決”となった星槎道都VS環太平洋大 両監督の恩師・太田元監督も応援に
<星槎道都大・環太平洋大>ベンチの星槎道都大・山本監督 Photo By スポニチ
 【明治神宮大会 大学の部準決勝   星槎道都大10―2環太平洋大 ( 2017年11月14日    神宮 )】 星槎道都大の山本文博監督、環太平洋大の野村昭彦監督とも駒大OB。山本監督が13歳上で“駒大対決”を見守ったのが恩師でもある太田誠元監督。

初回に重盗などを仕掛けた野村采配に「駒大野球を見ました。やられたと思いました」と山本監督。しかし星槎道都大打線が爆発して逆転のコールド勝ち。先輩の意地を見せ、北海道勢として初の決勝進出を果たした。

 試合後、太田氏に挨拶しようとベンチから階段を駆け上がった山本監督に「おめでとう。やはり先輩の方が強いな。明日も見にくるぞ」とねぎらった太田氏。全国大会で教え子たちの活躍に東都500勝監督はうれしそうに笑顔を見せていた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月14日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム