カレッジスポーツ
スポニチAnnex

慶應義塾大学【対立大フレッシュリーグ】接戦を制し今季最終戦を勝利で飾る



 1勝2敗1分で迎えた今季のフレッシュリーグ最終戦。春季リーグ戦覇者である立大に一矢を報いたい慶大は初回に4点を先制。試合を優位に進め、終盤立大の反撃に遭うもののリリーフ陣が踏ん張り辛くも1点差を守りきり、接戦を制した。

 突然の豪雨により第一試合が中断していた影響で、予定より遅れてプレイボール。両先発投手は雨上がりの蒸し暑さの中での登板となった。慶大の先発は石井雄也(商2)。初回、先頭打者にいきなり左越二塁打を浴びるとバントで送られ、1死三塁のピンチを招くものの3番、4番を連続三振に仕留めこのピンチを脱し、上々の立ち上がりを見せる。すると打線は初回、2死からヒットと死球で2死一、二塁とすると5番・植田響介(総1)が中前適時打を放ち一点を先制する。その後2死満塁から7番・水久保佳幸(総1)が右越適時三塁打を放ち、初回、幸先よく4点を先制する。打線の援護をもらった石井は低めに変化球を集め4回までに4者連続を含む7奪三振をあげ、持ち味を存分に発揮した。

 迎えた6回、この試合初めて連打を浴び無死一、二塁のピンチを招く。しかしセカンド宮田皓(商2)の好守にも助けられ、冷静に後続を併殺、左飛に打ち取り無失点でこの回を終えた。石井は6回を88球投げ、被安打4、四死球0、7奪三振の好投だった。7回からは長谷部銀次(総1)がマウンドへ。しかし変化球の制球に苦しみ1死を取った後ヒットと四球などで2死一、二塁のピンチを迎えると右中間へ適時三塁打を浴び、立大に二点を返される。この場面で慶大はピッチャーをここまで全戦で登板している高橋怜介(政2)へスイッチ。しかし2死三塁から暴投で三塁走者の生還を許し、ついに一点差まで詰め寄られてしまう。

 追加点を挙げたい打線は7回、先頭の瀬戸西純(政1)が四球を選ぶと二盗で果敢に二塁を陥れる。その後四球と、相手のフィルダースチョイスも絡み2死満塁の好機を作ると4番橋本昴樹(商2)が押し出しの死球を受け、貴重な一点を追加する。8回も高橋怜がマウンドへ。しかしヒットと暴投などで2死三塁とすると続く打者に右前適時打を許し再び一点差とされてしまう。迎えた9回、2死を簡単に取った高橋怜だが右線に二塁打を浴び一打逆転のピンチを招く。しかし落ち着いて最後の打者を一ゴロに仕留め試合終了。慶大が一点差で逃げ切り、接戦を制した。これで慶大の今季のフレッシュリーグの戦績は2勝2敗1分。全体では3位という結果になった。(記事:慶應スポーツ新聞会 染谷 優真)

ランキング

  1. 【東東京】兄は元KAT―TUN 二松学舎大付・田中が7回コールド完封
  2. 【東東京】東亜学園が9回に6点差を大逆転 昨夏決勝サヨナラ負けをバネに
  3. 【広島】キムタクJr、廿日市・恒希 父を感じて駆け抜けた夏

表示モード