カレッジスポーツ
スポニチAnnex

慶應義塾大学【六大学オールスター】六大学の精鋭が宮崎に集結!暑い中の熱い一戦!



 伝統ある東京六大学野球の中でも豪華なメンバーが集うオールスターゲーム。今年で5年連続6回目となる夢の球宴が宮崎の地で開催された。慶大・法大・東大で構成されるOCEANブーゲンビリア。対するは、立大・早大・明大で構成されるSUNフェニックス。2チームに分かれた六大学野球の選手たちが気温30度を超える灼熱のスタジアムで熱い一戦を交わした。

 選出された50人の選手たちが地元の野球少年たちとハイタッチをし、グラウンドに姿を現す。慶大からは菊地恭志郎(政3)、高橋亮吾(総2)、高橋佑樹(環2)、郡司裕也(環2)、明渡稜(政4)、清水翔太(総4)、瀬尾翼(理4)、倉田直幸(法4)、照屋塁(環4)、柳町達(商3)の計10人が選出され、大久保秀昭監督がOCEANブーゲンビリアの指揮を取った。

 先攻のブーゲンビリアは2つの四球などでチャンスを作ると、迎えた5番の東大・楠田が左中間に先制の適時二塁打を放ち3点を先制した。さらに7番清水も中前適時打を放ち、初回に2安打4得点という効率的な攻撃を魅せ、試合はスタートした。ブーゲンビリアの先発投手、法大・長谷川は初球から81キロの超スローボールを放ち球場を沸かせる。一死満塁のピンチを招くも後続を空三振に討ち取り、初回を0点に抑えた。

 試合が動いたのは3回。慶大コンビ倉田、清水の連打でチャンスを作り追加点を得た。その裏、春季リーグにおいて最優秀防御率を記録した法大・管野がマウンドに上がり、3人の打者を内野ゴロ3つと完璧に封じ込めた。5回には、7番清水の猛打賞となる中前安打や9番瀬尾の死球により一死満塁のチャンスを作り、2点を追加した。この回で一気にリードを8点に広げた。その後、5回裏から登板した東大・山下の左腕に打球が直撃。これにより山下は降板となり、慶大のエース・菊地が登板した。同時に捕手も郡司に交代し、慶大バッテリーが実現。菊地は後続を三邪飛に捩じ伏せ、見事な救援をした。ブーゲンビリアは5回までに相手打線を2安打無失点と申し分ないリレーを見せ、試合を折り返した。

 6回にはフェニックスの反撃が始まり、連打や暴投などで2点を失う。しかし、その後すぎに瀬尾、郡司の長打が援護し、差を再び8点に戻す。7回、菊地に代わってマウンドに上がったのは高橋佑。先頭打者を四球で出塁させると、1点を許すと、適時打を放たれ失点は3に。菊地、高橋佑の慶大リレーの最後を締めたのは高橋亮だ。照屋のダイビングキャッチなど好守もあり、最後の打者を空三振に抑え、試合を締めた。

 11対6とOCEANブーゲンビリアの勝利となった今回の夢の球宴。両チーム合計で28安打と熱い試合となった。気が付けば秋季リーグ開幕まであと3週間を切っている。慶大としては春季リーグであと一つのところで優勝を逃がしただけに秋はなんとか手にしたい「優勝」の二文字。慶大ナインの更なる活躍を期待したい。(慶應スポーツ新聞会 記事:小林 歩)

ランキング

表示モード