カレッジスポーツ
スポニチAnnex

慶應義塾大学【対明大2回戦】佐藤の好投と岩見弾で明大に連勝!



 昨日、明大1回戦の延長戦を制した慶大。続く2回戦ではリーグ戦初先発の佐藤宏樹(環1)が好投し、試合を作る。一方で、注目のスラッガー・岩見雅紀(総4)は5回に5試合連続となる今季6号のホームランを放った。序盤からペースをつかんだ慶大は、ここまで全カード勝ち越してきた明大から貴重な勝ち点を奪った。

 初回、2死二塁の場面で史上初の5試合連続ホームランの記録がかかった岩見に打席が回る。場内アナウンスで岩見の名が呼ばれた瞬間、球場全体がざわつき、観客が岩見に熱視線をおくる。注目の初打席はまさかのデッドボール。それでも、チャンスは2死一塁、二塁へと広がる。しかし、続く清水翔太(総4)は凡退し、慶大はこの回の攻撃を無得点に終える。

 3回には1死一塁の場面で再び岩見が打席に立つ。打者有利なカウントで迎えた4球目。明大の先発・水野から放たれたボールはまたも岩見に当たり、2打席連続デッドボールという結果になってしまった。1死一塁、二塁となるが、後続が凡退し、せっかくのチャンスを慶大はものにすることができなかった。先制点を奪いたい打線は再び4回にチャンスを作る。先頭の郡司裕也(環2)と照屋塁(環4)が連続ヒットで出塁し、無死一塁、二塁とする。続くピッチャーの佐藤と代打の中村健人(環2)が凡退し2死となるも、瀬尾翼(理4)のデッドボールで満塁となった。しかし、後続の柳町達(商2)はショートゴロに打ち取られる。

 試合が動いたのは5回。岩見が先頭バッターとして第3打席を迎える。最初の2球はール球を見極める。続く3球目をフルスイングするもファール。直後の4球目。甘く入ったボールを捉え、打球は大きなアーチを描いた。そのままレフトスタンドに吸い込まれ、記念すべき東京六大学野球史上初の5試合連続ホームランとなった。球場全体が大きな拍手でホームに戻ってくる岩見を迎える。

 直後の6回にも、先頭の照屋がセンター前ヒットで出塁すると、2死二塁の場面で瀬尾がタイムリーツーベースで追加点を奪い、2対0とリードを広げる。この2点は今日の投手陣にとって十分な点差であった。

 リーグ戦初先発の佐藤は岩見に劣らない存在感をみせた。140キロ台中盤のストレートと大きく落ちる変化球を使い分け、打者を翻弄した。8回まで明大打線を2安打1失点に抑え、三振の数は12まで伸びた。一年生とは思えない申し分ないピッチングを披露した佐藤。圧巻だったのが三者連続三振を取った3回と5回。3回、先頭バッターをこん身のストレートで空振りの三振を取ると、今度はピッチャーの生命線である外角低めに決まり、見逃し三振を奪う。3人目のバッターを変化球で空振り三振に討ち取り、その回を締めた。5回は3回と打って変わって落差のある縦のスライダーを決め球とし、三振を奪った。

 佐藤のあとにマウンドを譲り受けたのが高橋亮吾(総2)。先頭バッターにヒットを許すと、直後にランナーを得点圏に進めてしまう。2死二塁の場面で迎えた明大5番・越智の打球はバウンドしながらセンター方向へ。照屋のグラブが1歩届かず同点打と思われたのも束の間、ボールは安定した守備が自慢の倉田直幸(法4)のグラブの中に収まった。すかさず、サードの瀬尾に送球すると飛び出していたランナーは塁に戻ることができずにタッチアウト。試合終了。1点のリードを守り抜いた慶大は、暫定1位の明大から連勝で勝ち点を奪った。

 佐藤の好投は今日の勝利に大きく貢献しただろう。そんな佐藤もまだ1年生。今後の成長に期待が募る。また、岩見の活躍も忘れてはいけない。彼の放つ1本は“慶大を勝利に導く”という言葉を確実に表している。この勝利をきっかけに勢いに乗った慶大が“優勝”の二文字を手にする日は遠くないだろう。(慶應スポーツ新聞会 文:萬代 理人)

【This is YOUR day!!】初先発で圧巻の三振ショー/伝説に生きる男 佐藤宏樹&岩見雅紀

 リリーフ左腕として多くの試合で慶大の危機を救ってきた佐藤は初先発でも物怖じしない。「そんなに緊張はしなかった」と笑顔で語るルーキーの強心臓っぷりが垣間見えた。夏にフォームを改造し、さらなる高みを目指した佐藤の努力は確実に実っている。最速147キロの自慢の直球はもちろん、変化球の質も着実に物になってきた。我々に圧倒的な存在感を見せつけた期待のルーキーはチームを勝利に導く。

 また、今日の試合で忘れてならないのが、慶大のエルドレッド・岩見だ。この日放ったホームランは通算20本目。歴代3位の岡田彰布(元早大)の記録に並んだ。また、春は5本、秋は6本目、と年間11本もリーグタイ記録に並んだ。岩見の記録はまだ終わらない。法大2回戦から5試合連続で放ったのだ。記憶に新しい横尾俊建(現・日本ハム)の4試合連続の記録を塗り替えた。偉大なる高橋由伸(現・読売巨人軍監督)の通算最多本塁打記録まであと3つ。慶大の生ける伝説が秋の神宮を沸かせる。(慶應スポーツ新聞会 記事:千綿 加華)

ランキング

表示モード