カレッジスポーツ
スポニチAnnex

明治大学【六大学オールスター】地元出身の植村 守備で魅せ「幸せだった」



 六大学野球普及のために行われる東京六大学オールスターが宮崎県の生目の杜運動公園アイビースタジアムで行われた。チームはSUNフェニックス(立大、早大、明大)とOCEANブーゲンビリア(慶大、法大、東大)に分かれて対戦。初回にOCEANブーゲンビリアが4点を先制するとその後も18安打の猛攻で11−6の大勝。明大擁するSUNフェニックスは敗れたものの、選手たちのハイレベルなプレーに球場は沸き、オールスターは大盛況に終わった。

 六大学のオールスターが宮崎県で行われた。明大からは中野速人主将(法4=桐光学園)、逢澤崚介外野手(文3=関西)、植村侑介内野手(農3=日南学園)、越智達矢外野手(営3=丹原)、高瀬雄大内野手(営3=長崎西)、氷見泰介捕手(政経3=豊川)、三輪昂平投手(国際3=日大三)の7選手が選出。スタメンに選ばれた逢澤、越智をはじめ、全員が試合出場を果たした。

 目の覚める当たりだった。9回2死一塁、2ストライク2ボール。打席に立ったのはこの日無安打の越智。球場全体に試合終了の雰囲気が漂う中、投じられた1球は瞬く間に左中間を切り裂いた。「久しぶりに良い当たりが出た」と本人も納得の一打は、終始大差をつけられたチームとしても一矢報いる適時二塁打となった。全試合でスタメン出場を果たしながらも長打はわずか1本にとどまった春季。「秋は長打を打てるバッターになっていきたい」(越智)と、夏はウエートトレーニングやロングティーを重ね打球の飛距離アップに取り組んだ。努力が実を結び、ここ一番で出たこの日の二塁打。明大の4番の覚醒は近い。

 名前を呼ばれた瞬間、ひときわ大きな歓声が上がった。地元・宮崎県出身の植村は9番セカンドで出場。打撃こそ振るわなかったが、守備では2回に同じく九州出身のショート・林田(立大)との二遊間で併殺を完成させるなど、素早い動きを見せた。きわどい打球にも何度も飛び込み、ユニホームは誰よりも泥だらけに。ファンの熱い声援を背に全力プレーを貫いた。この日は両親だけではなく祖父母までもが、植村の雄姿を見るべく球場に駆け付けた。「幸せだった」(植村)。幸運にも巡ってきた地元でのオールスター開催は、一生の思い出になった。

リーグ戦開幕まで秒読みだ。お祭りのような雰囲気の中でも「他大の選手がどんな球を打っていたかとかデータとして意識して見ていた」(中野)と勝利への思いは忘れていない。今回出場した選手たちもチームに帰れば激しいレギュラー争いが再開される。「これを自分のチームでどう生かしていくか」(氷見)。勝負の秋が始まる。[明大スポーツ新聞部・楠大輝]

ランキング

表示モード