カレッジスポーツ
スポニチAnnex

明治大学【対早大2回戦】乱打戦の末早大に敗戦 投手陣崩壊で連勝ならず



 序盤の大量失点が響いた。1回戦を3−0で快勝し、勝ち点獲得に王手をかけて迎えた早大2回戦。先発・森下暢仁投手(政経2=大分商)が不安定な投球で2回までに5点を失う。後続の投手も早大打線を止められず8本の長打を浴び計13失点を喫した。好調な打線は3回に2点を返すと7回には越智達矢外野手(営3=丹原)の左越え3点本塁打が飛び出すなど計8得点。一時は3点差にまで迫った。しかし投手陣が相手打線の勢いを止められず8−13で試合終了。6年ぶり開幕明早戦の行方は翌日の3回戦にゆだねられることになった。

 ミスからの失点が最後まで重くのしかかった。初回、一死から安打と四球で得点圏に走者を背負うと、次打者の4番・加藤(早大)の放った打球は遊撃手・竹村春樹内野手(政経4=浦和学院)へ。「大事に行きすぎた」と後逸し併殺を逃し、好守備で何度もチームを救ってきた名手のまさかの失策で先制点を許す。これには中野速人主将(法4=桐光学園)も「無責任すぎる」と苦言を呈した。その後も右翼手・越智がクッションボールの処理を誤ったり、氷見泰介捕手(政経3=豊川)が不用意な進塁を許すなど守備陣のミスが頻発。1回戦で堅い守備で投手を盛り立てた明大ナインの姿は影を潜めた。

 投手陣も被安打14、四死球6、13失点の大乱調。今期は先発の柱として期待されていた森下暢が2回5失点と予想外の結果に。初回から制球が定まらずストライクを取りにいったボールを痛打された。2番手の長江理貴投手(文2=帯広緑陽)、3番手・高橋裕也投手(総合3=向上)も短いイニングでそれぞれ4三振、5三振を奪いながらピンチで長打を浴びる。最後に登板した入江大生投手(政経1=作新学院)も直球を狙われ2失点。「要所で抑え切れなかった」(氷見)。齊藤大将投手(政経4=桐蔭学園)が安定した投球で完封勝利を挙げた1回戦から一転、登板した投手がことごとく失点を重ねていき、悪い流れを断ち切ることができなかった。

 打力は春より確実に増している。8点差で迎えた7回裏。渡辺佳の適時打で1点を返すとなおも2死一、二塁で5番・越智が打席に入る。前の打席で三振に取られた内角の直球に狙いを定め、投じられた2球目。「少しボール気味」(越智)の球を思い切り振り抜いた。打球は左翼席へ一直線。4点差に迫る3点本塁打を放った。これが公式戦初本塁打となった越智。長打1に終わった春を鑑みて、この夏はウエートトレーニングに週3回取り組むなど自らを追い込んできた。「夏やってきたすべてが結果につながっている」(越智)。第2打席には中直かと思われた打球がフェンス際まで伸び2点適時二塁打に。観客を驚かせた。「高い物を求めていく姿勢ができている」(善波達也監督)と首脳陣も期待を寄せる大砲が才能を開花させた。

 チーム力で勝負だ。2試合で両チームともに5人ずつの投手を費やしているここまでの戦い。次戦は総力戦になることは間違いない。前日完封勝利を挙げた齊藤大将投手(政経4=桐蔭学園)はもちろん、今試合で登板した4投手の起用も十分考えられる。「齊藤頼みにならないで一人一人がやっていかないと」(中野)。齊藤に疲労が残っていることは否めない。他の投手の奮起が必要不可欠だ。打線は12安打で2試合連続二桁安打を記録。劣勢にも負けじと全員が食らい付く姿勢を見せた。次戦は序盤から“継なぐ”明大打線で猛攻を仕掛けたい。また2011年秋以来の開幕明早戦となる今カード。前回も同じように2回戦を落とした。しかし3回戦は9−4で快勝し勝ち点を奪取。勢いに乗った当時のチームはそのまま秋の賜杯も手にした。偉大な先輩たちに続けるか。運命の3回戦が幕を開ける。[明大スポーツ新聞部・楠大輝]

ランキング

表示モード