モデルボクサーの高野人母美(28=協栄)とWBC女子ミニフライ級王者の黒木優子(24=YuKO)が沖縄・西原マリンパークで、ビーチバレーの新星、坂口佳穂(19)と合同練習を行った。

 3人はスポーツアパレルなどを手掛ける「VENE(ヴィーネ)」から支援を受けている縁で共演が実現。ボクサー2人も慣れないビキニ姿となったが、黒木は「着ているのを忘れて、まっぱ(真っ裸)かと思うくらいでした。ハハハッ」とはつらつとボールを追った。


 年内に世界再挑戦を目指す高野は「(スパイク練習に苦闘し)力任せにしちゃいけないのはボクシングと同じ。勉強になりました」と話し、充実した練習になったようだった。
閉じる
続きを表示する