世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級タイトルマッチ(3月3日・タイ)で40戦無敗の王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)に挑む同級7位の大平剛(花形)が23日、タイへ出発前に取材に応じ「厳しい状況だから燃える部分がある」と敵地での王座奪取への意気込みを語った。


 31歳の大平は2度目の世界挑戦。「こっち(日本)でやるべきことはやってきた。あとは暑さに慣れることがポイント」と話した。
閉じる
続きを表示する