人母美 セクシーラウンドガール 次戦は「仕上げてから」

2017年03月11日 05:30

格闘技

人母美 セクシーラウンドガール 次戦は「仕上げてから」
ラウンドガールを務めた高野人母美 Photo By スポニチ
 【プロボクシング55・8キロ契約10回戦 ( 2017年3月10日    後楽園ホール )】 前東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者のモデルボクサー、高野人母美(協栄)がラウンドガールを務めた。

プロデビュー前に2度経験があり、この日は腰から上がシースルーの衣装やホットパンツ、ビキニなどセクシースタイルで観客を魅了。今後はバンタム級で戦う方針で、協栄ジムの金平会長は「がっちり(練習で)いじめて、仕上げてから」と次戦の見通しを話した。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年03月11日のニュース

格闘技のランキング

【楽天】オススメアイテム