世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチ(23日・エディオンアリーナ大阪)で同級6位の大森将平(ウォズ)の挑戦を受ける王者のマーロン・タパレス(フィリピン)が19日、大阪市内のジムで練習を公開し「わくわくしている。KOを狙っている。ベルトを守りにきたし、ベストを尽くす」と力を込めた。


 大森とは2015年12月、WBOバンタム級の指名挑戦者決定戦で拳を交え、2回TKOで勝利している。「(大森は)強くなっていると思うが、俺よりは強くない」と自信たっぷりだった。ウォズジムの大森昌治会長は「もうできあがっている感じ。速いしうまい。やりにくい相手」と警戒を強めた。
閉じる
続きを表示する