WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)の米デビュー戦となる9月9日の興行(カリフォルニア州カーソン)の記者発表が15日にロサンゼルス市内で開かれ、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)らが出席した。


 ニエベスは「井上は素晴らしい選手で非常に強いが、彼は階級を上げてきて自分は下げている」と体格差を強調した。「自分はパワーがあるし、勝てると思う。確率は60%」と控えめに話した。井上尚との対戦を受けた理由を問われると「むしろなぜ受けない?ベストの選手と戦うのが選手の目標。勝てば世界王者になれてランクも上がる」と意欲的だった。
閉じる
続きを表示する