「井上尚にはベルトを置いて日本に帰ってもらう」と意気込んでいたニエベスは、ほぼ何もできずに完敗。普段はクリーブランドで勤務する銀行員はボディーで活路を切り開こうとしたが、逆にボディーを打たれて初のダウンも体験。「彼はとても速く強かった。容赦なかった」と王者を称えるしかなかった。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する