IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(13日、エディオンアリーナ大阪)の予備検診が11日、大阪市内で行われた。

 挑戦者で同級3位の岩佐亮佑(27=セレス)が、リーチでは180・3センチと王者・小国以載(29=角海老宝石)を4・6センチリード。岩佐は「ちょうど拳1個分くらい。その数値通りに拳1個分、向こうが届かないボクシングをしたい」と語り、「パンチをもらわないで打つ。1ポイントも取られないで完璧に勝ちたい。ボクシング人生を懸けて小国さんを倒しにいきたい」と完封勝ちを宣言した。


 対照的に王者の意気込みは結果へのこだわりのみ。「塩分強めの塩っぽいボクシングを見せたい。勝ち方は何でもいい。ドローでもいいと思っている。とにかくベルトを守りたい」。高校時代に対戦して敗れ、苦手意識もある岩佐を迎え撃つだけに、初防衛に懸ける強い執念をのぞかせた。
閉じる
続きを表示する