2度目の防衛戦に臨む田中は、リミットの48・9キロを一発パスした。大阪では初の世界戦を前に「スピードを生かしてKOしたい」と強気に言い放った。

 計量後は名古屋から持参した恒例の韓国料理・参鶏湯(サムゲタン)スープを胃袋に収め、「減量苦を忘れられる」としてラッキーカラーの緑色を入れた頭髪に整えた。リングサイドには年内決戦で意気投合するWBA世界同級王者・田口良一(30=ワタナベ)が観戦予定。番狂わせを封じ、ビッグマッチをつかみ取る。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する