田中にTKO負けのパランポン「止められたことは残念」

2017年09月13日 21:20

格闘技

田中にTKO負けのパランポン「止められたことは残念」
3回、パランポン(左)に右ストレートを放つ田中 Photo By スポニチ
 【プロボクシングWBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦   王者・田中恒成―同級13位パランポン・CPフレッシュマート ( 2017年9月13日    エディオンアリーナ大阪 )】 プロボクシングのダブル世界戦が13日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は、王者の田中恒成(22=畑中)は初回にダウンを喫したものの、挑戦者で同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)を9回1分27秒にTKOで下し、同王座の2度目の防衛に成功した。

 ▼パランポンの話 まだまだ闘える状況だった。止められたことは残念。判定でも勝つと思っていた。(田中は)パンチが速くてすごいという印象だった。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年09月13日のニュース

格闘技のランキング

特集

  • 岩佐 王座奪取へラストチャンス「人生の分岐点になる日」

    2017年09月13日

    格闘技

  • 恒成“幸運の緑ヘア”でV2へ強気「スピード生かしてKOを」

    2017年09月13日

    格闘技

【楽天】オススメアイテム