モデルボクサー高野人母美 前日計量でギリギリ露出!上半身はテープだけ

2017年10月05日 14:14

格闘技

モデルボクサー高野人母美 前日計量でギリギリ露出!上半身はテープだけ
黒豹と龍の入れ墨で計量に臨む高野人母美 Photo By スポニチ
 6日に東京・後楽園ホールで行われるボクシングの日本女子初代バンタム級王座決定戦に臨むモデルボクサーの高野人母美(30=協栄)が5日、同所で前日計量を行い、53・4キロでクリアした。

 通算13回目となった計量パフォーマンスでは、短く切った銀髪に和装姿で登場。そのまま体重計に乗ると、トレーナーの広げたタオルを目隠しにして和服を脱ぎ捨てた。すると背中には、黒ヒョウが竜を倒すタトゥーがあらわに。上半身はバストトップをスポンサー名の入ったテープで隠すだけの極限の露出で、詰めかけた報道陣に生唾を飲ませた。

 今回、「13回目のパフォーマンスで総額100万円を超えた」という高野は、「テーマは極道です」と話した。タトゥーはペインティングによるものだが、5時間を要した力作だという。構図の意図については、対戦相手の吉田実代(29=EBISU K’s BOX)が竜のタトゥーを入れていたことから着想したそうで、自身を黒ヒョウに例えて「KOさせていただきたい」と初代王座獲得を堂々と宣言した。

 ちなみにタトゥーの右上には、婚活応援酒場「相席屋」のロゴマークが。8月に店を訪れた際、とんとん拍子に話しが進み、スポンサーに付いてくれたという。ただ残念ながら、素敵な男性との出会いは「成果ゼロでした」と轟沈を告白。オトコをKOできなかった悔しさを、リングで晴らすつもりだ。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年10月05日のニュース

格闘技のランキング

【楽天】オススメアイテム